英語レッスンづくりが趣味の英語講師によるブログ

語尾に s をつけるだけでは複数形にできない名詞

日本語ではピンとこないですが、英語の名詞は数えられるか数えられないかがものすごく大事です。

文法としてはよく、可算名詞 と 不可算名詞 と言われています。

今日はまずは 可算名詞に集中して、ひとつずつ学んでいきましょう。

可算名詞にはどんな名詞がある?

加算名詞は、物質的にも手に取れて数がパッとわかりやすいものが多いです。

しかしidea(案)やquestion(質問)のように一見抽象的でつかみどころがなさそうな名詞も可算名詞に分類されています。

こういったものは初めは嫌になってしまいそうになりますが、そんなに数も多くないのでいろいろな文章を見る中で少しずつ覚えていけばいいです。

  • bag (カバン)
  • pen (ペン)
  • idea (案)
  • question (質問)
  • dish (お皿)
  • peach (もも)
  • bus (バス)
  • box (箱)
  • knife (ナイフ)

可算名詞を複数形にするにはどうしたらいい?

基本的にはsを語尾につけることで数が1つ以上である事を示す事ができます。

語尾にsを加えるだけで大丈夫なのでとても簡単です。

しかし、単語の語尾によってsの付け方が変わりますので、それぞれ確認しておきます。

  • bags (カバン)
  • pens (ペン)
  • ideas (案)
  • questions (質問)

語尾が -s / -sh / -ch / -x の場合は es を加える。

  • dishes (お皿)
  • peaches (もも)
  • buses (バス)
  • boxes (箱)

語尾が -f / -fe の場合は ves を加える。

  • knives (ナイフ)

要注意、不規則な複数形!

中級者でも会話の中でぽろっと間違いやすいので、発音も併せてしっかり覚えておきましょう。

  • person  →  people (人)
  • child  →  children (子供)
  • man  →  men (男性)
  • woman  →  women (女性)
  • mouse  →  mice (ネズミ)
  • foot  →  feet (足)
  • tooth  →  teeth (歯)

さて、いかがでしょうか。

言われてみれば忘れてたなあというものがあった方は、とても大事な部分なので復習してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA